*

株式会社カドカワ(DWANGO)が始めるN高校って何?

N高等学校
こんにちは!個人投資家のまゆみです。

今回は私の最大の投資先「株式会社カドカワ」が来年4月から始める

N高校」という教育事業についてスポットを当てていきたいと思います♪

 

■N高校って何?

 
N高校はインターネットで授業を受けられる通信制の高校の一種です。
 
学校教育法1条に定められた高等学校なので、全日制と同じ卒業資格を取得することができます。
N高等学校とは
 
通信制の高校というと「不良?」とか「落ちこぼれが行く学校」というイメージを持たれがちですが、最近ではより専門性の高い学習を高校在学中から取り入れたいというニーズとも相まって、ハイレベルな通信制の高校、大学も増えてきました。

 
そこに肝いりで参入を表明したのが(元:株式会社ドワンゴ)現:株式会社カドカワの川上社長です。

 

■N高校のコンセプトがこちら

 
「ふつうの高校生になって将来どうするの? 高卒資格を取得しながら、好きな事を学ぶ」

N高等学校コンセプト

このフレーズで当初から中高生の心をわしづかみにしています。

 
考え方、価値観が多様化している昨今、一昔前のような1つのカリキュラムに則った浅く広い教育よりも、より深く、専門性の高い教育が求めるようになってきています。

 
それをインターネットを使って実現したのが、カドカワが提供するN高等学校(N高校)なのです。

 

■N高校のメリットとデメリット

 
【N高校のメリットは?】
 
・自宅でインターネット放送を使って授業を受けられる
・1日に受ける授業は短時間(3時間)
・時間ができた分でバイトや他の学びも出来る
・興味のある分野のことを自ら選んで学ぶことが出来る
・イジメや引きこもりが原因で学校に行けない子でも学べる
・地方でも最新で質の高い教育が受けられる

 
メリットは自分の興味関心がある専門的なことを学べる他、時間的な拘束が少ないので、仕事や家業を手伝いながらでも受けられる。様々な事情で高校を諦めた人も再起できます。

 
また、地方では専門的な教育やレベルの高い教育はなかなか受けられませんが、インターネットを使った通信制の学校ということもあり全国どこにいてもハイレベルな教育が受けられる点など、メリットはその人の状況により様々あると思います。

 
【N高校のデメリットは?】
 
・インターネットとパソコンの費用が掛かる
・友達が出来ない(人付き合いが学べない)
・部活動がないので運動不足になる
・自分の弱さに負けて辞めてしまう可能性がある
・そもそも親が許可してくれない(理解されにくい)

 
デメリットは敢えて上げるとすれば人付き合いを覚えられない点でしょうか。

通信制の高校なので、部活もありませんし友達付き合いも殆どありません。

 
しかし、ソーシャルネットワークが普及している昨今では、学校にいかなくても友達はたくさん作れますし、カドカワが主催する課外授業、文化祭(超会議)などのイベントに参加することで人間関係の構築も出来ます。

 
一番の問題は「親が納得してくれない」「親を説得できるかどうか」という学生側の悩みが大きいのではないでしょうか。

 

■N高校から東大進学を目指す

 
「親御さんの『N高校?それ本当に大丈夫なの?』そんな問いに対して一番説得力のある方法が、東大進学者を出すことだ。」

記者会見で川上社長はこう解説しました。

 
N高校設立と同時に、インターネットの高校から本気で東大合格を目指すため全寮制の「坪田塾」を開講することになりました。

 
坪田塾は、ビリギャル作者(ビリギャルの先生)でもあり、心理学をべースにした受験指導で生徒のモチベーションと学力を上げる坪田メソッドで、これまでに1300人以上の生徒を指導した坪田信貴塾長が専属で担当する。
 
坪田塾とは
 
記者会見で坪田信貴塾長は、

「東大だけにターゲットを絞って合格を目指すのは簡単なこと。」

と力説。

 
その理由は

大学ごとに求めている人材が異なる「東大が欲している人材を育てればいい」から目標を東大進学に絞ることで教える内容も絞り込みやすいのだといいます。
 
坪田塾de東大を目指す
 
・東京大学では、1つのことを多面性を持って多角的に見れる人材を求めている。
(立っている卵をみて、卵だと考えたり、炭酸カルシウムの殻に覆われたタンパク質が入ったものと化学的に解説したり、楕円形の物体が白い空間に浮いていると文学的に捉えたり、中で起きている現象を解析しようとしたり、立てることが出来る確率を数学視点で割り出してみたり)
 
・京都大学では、1つのことを突き詰める研究家気質の人を求めている。
(立っている卵をみて、どうして卵を立てることが出来るのかをひたすら考えて分子レベルまで追い続ける)
 

こういった学校毎の違いをしっかりと把握した上で、東大合格を目指すなら「東大に入ってから活躍出来そうな人材を育てる」のだそうです。

その為、入塾の際の試験も成績が良ければ合格というわけではなく、東大にあった人材かどうかを判断するそうです。

※尚、塾の参加資格は高校卒業資格を有していない、N高校に在学していることが条件になります。
 
『坪田塾』

2016年度は30名の定員
初年度は男性のみの募集
学費は月額6万円(食費+下宿費込み)←格安!

 
驚くべきはその学費の安さ!

食費と下宿費と学費が込みこみで、6万円という破格の価格で、トップレベルの学習が受けられます。

東大合格はN高校の宣伝にもなるので、その分の優遇でしょう。当初は学費無料で行こうという話だったが、遊び半分で応募する人を避けるために本気度を示してもらうための料金なのだとか。

 
さらに成績の良い子に関しては、積極的に特待制度を適応して、授業料を無料にしていくとのこと。

本気で東大を目指したいという覚悟のある学生は、是非応募しておきたいですね。

 

■まとめ

 
N高記者会見
 
「N高校はインターネットを通じて自宅にいても高校に通えるという新しい価値観を
世の中に広めて行くという目的があるのに全寮制の塾とはおかしくないですか?」
 
との記者の質問に対して川上社長は
 
「そう、まさにその通りで矛盾するんです。」
 
「けど、N高校を親御さんに納得してもらうには東大進学者を排出するというのが一番の説得力を持たせる近道だった」
 
と、このように答えました。

 
そんな風に全部正直に言ってのける川上さんはさすが…と惚れなおすと共に、親の理解を得るための手段

N高校を広めるための方法を目の当たりにして「手段と方法は違う」という話の意味を納得させられました。

 
そして、
ここで敢えて大人の方々に問いたいのです。

 

「あなたが高校で学んだ学習で、今役に立っているものはどのくらいあるでしょう??」

「授業の何割が役に立っていますか? 全ての授業があなたに必要なものでしたか??」

「数学の難しい公式は今の生活に役立っていますか?? 考え方を少しでも応用できてますか??」

 

おそらく全部YESと答えられる方は、本当に一部だと思います。

 

現代教育のロスを減らして、意味のある教育。

本当に必要なものを必要な分覚えて仕事に活かしていく。

というのがN高等学校の本来の目的でもありますので、お子さんの進学の選択肢の1つで検討してみてはいかがでしょうか。


Sponsored Links


twetters

関連記事

株式会社カドカワ

【株式会社カドカワ】名称変更の真相を考察してみた

まゆみです。 私の期待度ナンバーワン株式会社KADOKAWA・DOWANNGOが社名変更ですっ

記事を読む

株式会社カドカワが目指すもの。

【株主通信CHALLENGE 創刊号】株式会社カドカワが目指すもの。

株式会社KADOKAWA・DOWANNGOから株主通信が届きました! 私の大好きな川上

記事を読む

貸株金利
【奇跡の高配当】貸株金利18%のJIG-SAW(株)と言う名のAI銘柄が人気なワケ

こんにちは!個人投資家のまゆみです。   2016年の

DeNAはキュレーションのウェルクの件を近所のお父さんもわかるように解説します(´▽`*)

こんにちは!個人投資家のまゆみです。 今回のテーマは、D

FX追証
FXでロスカットが効かず追証 払わないとダメになりました。

  ■追証とは?   ロスカットの指

アベノミクス新3本の矢
日経平均株価の上昇を海外勢の視点で考察する

今から遡ること2012年には、日経平均株価は8000円台でした

不景気
ジャンク債シェールガス銘柄が市場に流入して円高の危機迫る!

こんにちは!個人投資家のまゆみです。 投資のリスクと引き換え

→もっと見る

PAGE TOP ↑